思い出せないもどかしさ

0

     過日、当店にオーディオアンプの問い合わせがあった。横浜在住の方から

    愛用のアンプがちゃんと直る?、その方法と金額について。聞けば、ネット

    オークションで入手したヤマハ B-1を、レストアしてもらったら変な音に

    なって戻ってきた。大枚払ってレストアしたけど、戻って来たのは明らかに

    違う音でがっかり。そんな経験をすれば誰だって疑い深くもなることは

    理解出来る。ちゃんとした音になるならば、レストアしたいけど、ちゃんと

    した音になるのかどうかが不安、というわけだ。そして、あれこれ調べたん

    だろう。そして当店に辿り着いたということなんだ。

     

     う〜む、B-1かい。それが私の第一印象。稀代の名アンプ、重さも発熱も

    一級品だ。むろんレストア代金も。☎でお話を伺い、ま、一度、当地へ来て

    詳しいお話を伺いましょ、私のオーディオを聴けるし、聴けばレストアして

    くれるmazdaluce3000氏の仕事ぶりも多少はわかるかもしれない。私が

    聴いているアンプはすべて氏がレストアしてくれたもんだから。☎の印象

    では、来ないかもしれないな、と思ってたけど案に相違して日を置かずして

    お運びになった。こりゃかなり切迫してるな、我慢しきれないんだろうな、

    と思ったアタイ。

     

     来訪していただいてあれこれ話し、聴きで二時間、結局は、氏の工房に

    行くのが一番の早道じゃん、B-1を持ち込んでざっと点検してもらえれば

    見通しがつくのと違う?。という展開の末、先週の土曜日、横浜に立ち寄り

    B-1を積み込んで、そのまま横須賀へ。

     氏を含めての三者面談、状況と事情の理解を深めることに努め、B-1の

    レストアのポイントや部品交換の考え方などの授業、一息ついて作業台の

    上にB-1をセットし、点検の開始だ。

     

     まずは周囲を目視点検、裏のネジがおかしい、前の持ち主が施した修理の

    痕跡から推理ことに始まり、いよいよ上部の蓋を外して基盤の点検に移る。

    前後に4枚、左右に二枚の基盤が屹立してる。念には念を入れ細心の注意を

    払って、微量な信号を入れて測定器で基盤をチェックする。これは生きてる、

    これはまぁまぁ、これが一番ダメ、という具合。傍らで聞いているお客さん

    は気が気じゃないんだろう。まるで、定期検診の報告を医者から聞いている

    ようなもんだ。その両者のやりとりを聞いてるアッシは、赤の他人まったく

    の野次馬だから呑気なもんだ。そして、いい大人が三人角付き合わせて相談

    してる図の面白さに声に出して笑ってしまいました。だって、可笑しいんだ

    もん。怪訝な顔で振り返るお客さん、そこ笑うとこ? みたいにね。

     

     まずはこのアンプの大問題であるところの大容量コンデンサーを交換

    せねばならない、これだけで10万円かかりまする。このコンデンサーの

    新品はすでにない、ならば代替え品となるが、これだけの大容量は

    いくつかの小容量を繋ぎ合わせるしか方法はなく、それも様々な問題は

    残る。一番いいのは同じサイズで元のコンデンサーよりも高品質なものが

    あればいい。ってことで探し求めて三千里、時間はかかったけどめっける

    ことができて、B-1のレストアを再開したという曰くつきの代物。

     コンデンサーを交換した後、残りはもっとも不良な基盤をレストアする。

    問題が少ないと思われる基盤はそのままに、それで一応B-1の音質は再現

    出来るだろう。一応、提示された予算内で出来る限りのレストアを行い、

    持ち帰って自室で試聴して、満足のゆく音であれば残りのレストアを着手

    する、となったんだわさ。

     

     なんたって古いアンプですから、元の音を聴いた事がある人はとても

    すくない。このお客さんだって新品を入手したわけじゃないからね。でも

    元の音がちゃんと再現させれいるのかどうかは当然気になります。でも、

    元の音を聴いたことはない、まったく雲をつかむような話が堂々巡り。

    お客さんの気持ちもわかる、レストアする氏の気持ちもわかる、でも核心

    となるところがきわめて曖昧模糊としている状況、実体のない音にココロ

    惹かれる一人としてのアッシ、それぞれのお心内は重々お察し申し上げる

    のが正直な気持ちだ。

     

     で一応の点検が終わり、いよいよ電源を入れてみますか?となった。

    B-1愛好者の皆様が最も不安なのが出力トランジスタだ。V-FETと呼ばれる

    日本独自の部品。すでに代替え品はなく、これが壊れると即粗大ゴミと

    なる運命の部品。電源ONしたとたんV-FETが破損する可能性なきにしも

    あらず、「ONしていいですか?」とお客さんに同意を求め、さらに念を

    押し、さらに念を押す。そのやりともかなり面白く(なんたって野次馬

    ですから)口元のニヤニヤを消す事はできない。

     

     結局V-FETが破損していないことがわかり、重体なアンプではないことが

    判明して点検落着。もしV-FETが壊れていても代替え品はあるから、心配

    はないことは事前にわかっていたんだけどさ。

     ホッと一息、ソファに戻って氏のオーディオを聴きつつ雑談のひととき。

    流れてきたのはパソコンに入っていた曲、「ムム、コレ聴いたことがある!」

    ピンと来たのよ。演奏は押尾コータローだ。「LOVE STRINGS」。

     帰ってすぐにアマゾンで入手、きのうから聴き続けている。その8曲目

    「ニューシネマパラダイス」、曲は2つに分かれていて後半部のイントロに

    聞き覚えがあるんだ。とても短く、すぐに別のメロディになる。たしかに

    ニューシネマパラダイスではあるけど、この部分だけ違うとこで聴いた

    ことがある気がする。日本語の歌詞で唄われてたような気がする。あぁ、

    どこで聴いたんだろか。思い出せないんだ。勘違いかもしれないし。

    誰かに聞くこともできないし。気になるなぁ〜。

     

    結局このメロディだけで買ったCD、か・・・・・・な、店主でした。

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:546 最後に更新した日:2017/12/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM