そういえばRE

0
     長年ホッポリっぱなしだった手あぶり、思い立っての手直しから始まった2016年。


     手前がソレ、後ろの◯は次に控えし火鉢。できあがって、いやこれなかなか
    なんじゃないかってね、思ったワケ。誰も誉めてくれないから自分でね、誉め
    るっきゃない。なんか佇まってるっていうかさ、かたちのバランスいいって
    いうかさ。雰囲気ある!と思うのはアタイだけだろう。

     炭床(っていうのかな)は22㎝四方、台が50㎝四方、小さなテーブルだ。
    台の色が違うのは以前作った枠の外に新しい材を追加、一回り大きくだから。

     地下で使うためにこさえたの。以前のは◯火鉢に◯台仕様だったんだけど
    大きくてちょっとなァだったもんで。この地下は、来客が来たときそれも
    かなり親しい人とお茶したり飲んだりする場でもあり、グラス小皿を置く程度
    の台がね、必要なんだわさ。


     元はこんな小さな手あぶり、オークションで入手

     台を付けるためにこんな木枠を作ってさ

     それをネジで固定。手あぶり本体の強度は弱いし精度も悪い

     こんな隙き間は当たり前。弱い力だけど多くのネジで固定すれば大丈夫で
    ないかい。

     脚を加工し

     木枠を加工し

     組み合わせれば

     こんな感じになるだろ

     それに手あぶり本体を下から挿入し、ネジ止めでほぼ完成じゃ。

     どちら様の家にも古いモノはあるだろ。捨てるに捨てられず、かといって
    置き場所に困るモノ。人間、長く生きていればいささかな思い出をまとって
    いる品々が増えてしまうのが人情。ならばさ、それを直して使えるものに
    したらいい。家はリフォームだけどモノはなんて呼ぶのかな?
     そう思って・・・・・・・・思い出したのが「RE」!

     かなり以前に友人のO田さんのグループが「RE」という名称で古材で商品
    作りをしてたことが浮かんだ。REは、Re Born(生まれ変わる?)Re cycl
    (再生)の頭文字。たしかもう一個あったんだけど忘れてもうた。そうだ、
    それ使わせていただこう。ってことで即☎、O田さんはいつもの優しい声で
    「いいですよ、どうぞ使って下さい」と快諾いただき、当店のオリジナル
    商品?に加わる事に相成り申した次第で。

     聞けばREはエールウールと呼称してたと、そういえば耳にしたことあった
    な、そんな言葉。外国在住の友人が考えてくれたとか、フランス語では
    情報網みたいな意味もあるとか。ネットで調べたけどじぇんじぇんワカラン
    のよね。でもさ、おおよそそんな意味もあるんだろう程度でアタイは充分、
    なんの問題もござんせん。ってことで、店もリニューアルオープンが間近、
    看板メニューのツマミはもとより屑入れとステッキにREが加わったわけで
    慶事ではある。

     さらに付け加えるならば、mazdaluce3000師のレストアアンプも控えて
    いる。師の手になるアンプで私が入手したものが三台、預かっているのが
    一台、近々掲載予定なんだ。すでにデジタルアンプに突入している今、昔の
    アンプに興味をお持ちの方はいと少なきと思うけれど、時代に逆らうことを
    旨としているアタイ、自分でイイと思う品々を提供出来る場を死ぬまで続け
    たいと思うのでアリマスル。

    年頭のご挨拶方々・・・・・・・・・・・・な、店主でした。
     

    屑入れ VS ゴミ箱

    0
       まずは広辞苑で屑入れを調べてみる。屑籠はあるけど、屑入れはない。ちなみに屑籠は
      「紙屑など屑を入れる籠・箱」とある。もう一方のゴミ箱はあった。正確には「芥箱」、
      ごみを入れる箱。ふーむ、屑入れって言葉は存在しないんだな。ならば、今後は屑籠、
      屑箱、芥箱でゆくことになるんだろうか。

       いやね、ずいぶん前から考えていた屑箱をちゃんと作ろうと思ってね。ふだん曖昧に
      使っていた名称を調べてみたわけだ。知り合いの木工所サンダンスさんのとこに行った
      折、休憩スペースの脇にあった屑箱が目に止まったの。あれ? いいじゃん、コレ!。
      で、了解をもらってちょこっと試作したんだわさ。それから長い空白時期があって、
      そろそろちゃんとしないと決着がつかないまま死んじゃうかも、ってことで二回目の
      試作をしたワケ。


       こんな感じ。材料はメラミン化粧板と呼ばれる1.2ミリ厚の硬質樹脂板。これをクルリと
      丸めてネジで止めるだけのもの。いたってカンタン、誰でも作れます。これは構造モデル
      だからネジも止め方もいい加減です。おおよそのかたち、バランスを確認するだけのもの。

       長いサイズも作った。これで高さ45センチ。上記のは30センチ。

       二枚を重ねてネジで固定。ネジを食い込ませるための木片が見えます。この重ね
      部分をどうしようか? いずれはボルトナットにするけど、この木片の扱いが未定
      でね。

       蓋です。真ん中に穴を開けてあるのが一般的だけど、ひねくれ者のアタイは端っこ。
      なんか月みたいになっちまった。

       この蓋、真上に上げる事が出来ないから、このように軸で回転するようになる。
      この軸を支えるのが合わせ目の木片となりますか。

       以前の試作は単なる円筒(ドラム缶形)だったけど、今回はちょいとコジャレて
      円錐形にした。正しくは逆円錐形。円筒ならば長方形をクルッと丸めればいい、でも
      円錐はそうはゆかない

       ってことで、扇形だ。上が高さ45センチ、下が30センチ。上の円弧直径は5m、
      下は4m、アタイの古いパソコンでは5m以上の円は描けません。計算で描くことも
      できるんだろうけど、中学で数学挫折した私には到底ムリ。

      ここまで出来れば一段落、あとは底板をどうしようかってこと。できれば外周にネジを
      見せないで固定したい。しかもアシスタントのI君はベタ置きはイヤですね、ちょっと
      浮かせるようにしたいですね、なんてこと言う。そりゃ私だってそうしたいのは山々。
      だけどそうスンナリとはゆかない予感充分でさ、案の定ハードルがニョキと姿を
      現した。なにごとによらずなにかしらの困難はつきもの、真面目に汗してガンバレば
      きっと女神は小さく微笑んでくれるだろう。なんて、甘いか?


       もう20年も前だろうか、我が家にはこんな屑箱があったんだ。最初は店で使って
      たんだけど、今はキッチンで便利してる。厚紙で作られた単なる円筒形だけど
      使い心地はスバラシイ。家庭用生ゴミ45ℓの袋がちょうどおさまるんだ。

       いたってカンタン、私は下に小さなキャスターを仕込んでる。ちょっと移動するのに
      便利なの。問題は、円筒形だから満杯になったゴミ袋を引っ張り上げるときに箱も
      一緒に持ち上がっちゃうのよね。だからの逆円錐形、それなら上に広くなるから
      袋がスムーズに出せるってもんじゃんか。どこのキッチンだって狭いだろうから
      コンパクトで汚れがつきにくいものがイイに決まってる。色も選べるから部屋に
      合わせることOK。そんな感じでね。

       ってことで、30、45、60センチの3つの高さの屑箱が出来上がるだろう。これを
      ファクティオで売ろうってこと。捕らぬ狸の皮算用、武士の商法、うまくゆくのか?
      でもね、もともとの発想が屑箱の地位向上だから売れなくても落胆はしないんだわさ。
      どういうことかというと、どんな部屋にも屑箱はあるでしょ。でも、ヒョンなことで
      写真を撮ることになったら真っ先にのけ者にされるのが屑箱じゃないっすか。現に
      いろんな雑誌に載ってる部屋には屑籠はないもんね。普段は使ってるのに、改まった
      席では「そっちへ行ってらっしゃい」なんて扱いは悲し過ぎる。ヒド過ぎるって
      もんじゃないっすか。さんざん付き合ったあげくに「結婚するから別れてくれ」
      みたいなもんじゃないっすか。

       だったらこの私がシャシャリ出てやろうじゃないの。余計なお世話を買って出て
      みようじゃないの。数軒の雑貨店やインテリアショップ観ても碌な屑籠はないしさ。
      決してアタイの屑箱が素晴らしいなんてことは思わないけど、誠心誠意真心込めて
      おつきあいさせていただけばソコソコのものは出来るんじゃないだろうか。そんな
      こんなで屑籠・・・・・・・・・・・・

      しばらくは恋をしてみよう・・・・・・・・・・・・・な、店主でした。

       

      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:546 最後に更新した日:2017/12/13

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM